スチールラック 中軽量、中量タイプの組み立て方|業務用スチールラックのE・スチールネット

スチールラックの激安通販|E・スチールネット

スチールラックの組み立て方 (200kg/段,300kg/段,500kg/段)

※クリックすると画像を拡大します。
モデル品は中量スチールラック300kg/段、単体式、グリーン色を使用しています。
(サイズH1800m/m×W1500m/m×D450m/m天地共4段です)
  • ■中軽量スチールラック200kg/段の組み立て手順も基本的には同様です。本ページを参考にご活用ください。
  • ■本組み立て図は、従来品による組立方法についてご説明しております。
  • ■300kg/段、500kg/段は平成24年10月1日より、200kg/段は平成25年7月1日より、更に品質を向上した新型を出荷しております。組立方法は、既存品と概ね同じでございます。
  • ※品質向上の為、部材の組立部分の形状を一部変更しています。詳しくはこちらをご覧ください。
  • ※従来品をご採用のお客様で、連結を目的として追加ご注文される場合、対応できる様に従来品の在庫も当面しておりますので、ご安心ください。
部材梱包数の確認後、
組み立てツールを準備し、
開梱作業に入ります。
開梱した状態です。
※この画像では棚板が2枚ですが、
 天地3段なので実際は3枚になります。
  • 1台当たりの基本的な部材梱包数を説明します。
  • ・支柱及びワイドビームは4本入りで各1ケース
  • ・棚板は2枚入りまたは1枚入りで1ケース
  • ・その他の部材(棚受・ベース・安全ピン)は1ケースにまとめて梱包されています。
  • 組み立てに必要なツールを準備します。
  • ・ハンマーか木づち(ナイロンハンマーが最適です)
  • ・カッターナイフ
  • ・脚立(高さ1800m/m以上の組み立てに便利です)

1、側面用枠を作成します。

棚本体の左右の側面用枠を組み立てます。
支柱・大小の棚受(※)・ベース・安全ピンを使用し、左右2セット組み立てます。
※中軽量ラックでは天地受けを用います。

(1)支柱を2本並べます。
支柱断面C(Cチャン)が内側に向き合うように
上下を揃えます。

以下、予めご確認ください。

支柱断面C(Cチャン)が内側に向き合うように
上下を揃えます。
スチールラック300kg/段の穴の上下判別画像スチールラック300kg/段の穴の上下判別画像 300kg/段、500kg/段の支柱上下の見分け方

・支柱にプレスされた連続穴の
 広い方が上で、狭い方が下です。



※300kg/段、500kg/段の場合、
従来型・新型の支柱の穴の形状は同一です。
スチールラック200kg/段の穴の上下判別画像スチールラック200kg/段の穴の上下判別画像 200kg/段の支柱上下の見分け方

・支柱にプレスされた連続穴の
 広い方が上で、狭い方が下です。



※200kg/段の場合、従来型・新型の
 支柱の穴の形状が変わっております。

(2)ベースをはめ込みます。
 支柱下側にベースをハンマーで
 軽くたたいてはめ込みます。
(3)棚受(大)を取り付けます。
 支柱最下段から4、5、6コ目のプレス穴に棚受(大)を
 ハンマーでたたき込みます。(左右ともに)
 
 ※中軽量棚(200kg/段)は上下共通の天地受けを支柱最下段・最上段からそれぞれ
 1、2コ目のプレス穴にハンマーでたたき込みます。
 (左右ともに)
左・200/段kg
右・300/段kg,500kg/段の場合
(4)棚受(小)を取り付けます。
 次に支柱最上段から1、2コ目(新型の場合は1コ目)のプレス穴に、
 棚受(小)をハンマーでたたき込みます。(左右ともに)

 ※中軽量棚(200kg/段)にはこの工程はございません。
(5)側面用枠の完成です。(2セット)
写真は300/段kg,500kg/段スチールラックの場合です。
左:300/段kg,500kg/段スチールラック棚受(小)

左:300/段kg,500kg/段スチールラック棚受(大)

2、骨組みを作成します。

ワイドビームを間口(w)方向に取り付け、
本体枠(骨組み)を完成させます。
(1)ワイドビームを取り付けます。[1]
 片方の側面枠を地面から垂直に立て、
 ワイドビームの左右両端のツメ
 (300、500kg用は3本、200kg用は2本)
 支柱下段のプレス穴の面に
 ピッタリ合わせ、ハンマーでたたき込みます。

(この工程が一番重要です)
  • (2)安全ピンを差し込みます。
     (1)と(2)の工程を繰り返します。

 組立画像拡大図
(3)ワイドビームを取り付けます。[2]
 もう片方の側面枠を地面から垂直に立て、
 同様にワイドビームを
 ハンマーでたたき込みます。

 (安全ピンをお忘れなく)

(4)下段後面左右にも同様に取り付けます。
 (安全ピンをお忘れなく)
(5)上段前面左右2ヶ所、上段後面左右2ヶ所にも
 同様にワイドビームを取り付けます。

 (安全ピンをお忘れなく)
骨組みの完成です。
次の工程で、棚受けと棚板の取付をして、
スチールラックの完成となります。

3、棚受の取り付けをします。(最終工程)


(1)棚受(大)を取り付けます。
 収納物に合わせて棚受(大)の位置を決め、
 ハンマーでたたき込みます。

※中軽量棚の棚受はワンタッチ式でハンマーの
 使用は一切必要ありません。
(2)棚板を順番に乗せ、完成です。
ラクラク組み立てで
簡単にスチールラックの完成です。